順番待ちと場所取りの係

 

2009年6月中旬

数日前から、妻は
「土曜日はランドに行きたい」

と言っていました。

僕は、ちょっと聞こえないふりをしたり、
「じゃぁ、気を付けていっておいでよ」

と言っていましたが、
その日の朝、

妻 「もー、早く起きて、着替えてよ!」

僕はなんとなく気がついてはいましたが、

僕 「なんで?、どっか行くの?」

妻 「ランドに行くって言っといたやろ!」

こんな茶番劇を経て、
結局、妻の意向通り、行くことになるのです。

 

この日は天気も良く、
そして、人も多く・・・

 

モンスターズインク
約4時間30分待ち・・・

 

僕は最後尾に並び、順番待ちをします。
その間、妻と娘は別のアトラクションへ行きました。

こういった光景は、珍しいものではなく、
むしろありきたりな事です。

あまり積極的に「ランドを楽しみたい!」
というわけではない旦那様にとっては、
順番待ちという役目はむしろ好都合でもあります。

そして、結局約3時間ほど待ち、
妻たちは他を満喫してきたのか、
入り口近くまで進んでいた僕と交代しました。

もちろん、これで終わりなわけではありません。
次は、パレードの場所取りです。

子どもといく 東京ディズニーランド ナビガイド 2017-2018 貼って遊べるシール100枚つき (Disney in Pocket)

妻のご指定の場所を、快晴の下で
場所をパレードの時間まで確保します。

もちろん、このようなことも珍しい光景ではありません。
旦那様の一般的な役割のようです。

僕としても、この程度の事を
とやかく言ったりしませんでした。

むしろ、携帯端末で時間つぶしをしたり、
本を持って行って読書の時間に充てることができます。

 

こんなことはどうってことないことなのです。

 

円満なうちはね・・・

 

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA