クリーニング代よりもディズニーランド

 

2008年12月

この頃、僕は残業が全く無かったので、
収入が顕著に下がっていました。

そんな中ある日、
妻に夏用のスーツをクリーニングに出してくれと
頼んでいました。

でも、待てど暮らせどそのスーツは
家の中に残っていました。

まぁ、別に急いではないけど、
いつまでの置いておいてもいずれ出すものだと思うし、
早く出した方がいんじゃないか、と妻に話すと…

妻 「そんな金は無い、家計が苦しい」

とのこと。

まぁ、収入のことを言われてしまっては
僕としても何も言えないと思い、
それ以上は言いませんでした。

 

その翌日、家族で出掛けた時の帰り道、

妻はなんと、

ケーキ屋に入り、
モンブランを2つ購入したではありませんか!?

そして、その合計金額はスーツ一着分の
クリーニング代に匹敵します。

僕はすかさず、
「それを買う金があったら、
クリーニング代は払えるんじゃないのか?」
と言いました。

すると・・・

 

妻 「子供が食べたいとせがむから」

とのこと。

そうか、少し腑に落ちないが、まぁ仕方がない。
僕はそう思うことにしました。

 

その後日、仕事から帰宅すると、
我が家に来客があったらしく、
ティーカップなどと共に、
ちょっと良さげなお菓子などが出ていました。

僕は冗談混じりに、
「金がないのに、人様をもてなす余裕はあるのかなぁ」
と言いました。

でもまぁ、これも仕方ないかなぁと思いました。

 

が、しかし!

その数日後!

 

家族で東京ディズニーランドへ行くと言いだしました!

僕 「そんな金があったらクリーニング代に回せよ!」

って言うと…

妻 「既にチケットが有り、お金がかからないから」

とのこと。

 

そんなこと言ったって、
ディズニーランドに行ったら飲食代やら、なんやらで、
クリーニング代なんか比にならないくらいの出費は
火を見るより明らかではないか!?

 

いや別にね、急いでるわけではないんだけど、
お金がないと言うわりには他への出費は惜しまないんだなぁ
って言うか、
考え方の違いというか、
育ちの違いなのか何なのかわかりませんが、

なんか残念な気持ちになってしまいました・・・

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA