妻との話し合い(2012/05/12)

 

2012/05/12

メールバトルの中でもあったように、
妻からは 「直接話してこい」 との事だったので、
僕はすごく勇気を振り絞って、子どもたちが寝静まった後、
妻も落ち着いて、あとは寝るだけという状態になるのを見計り、
「ちょっと、話したいんだけど」
と声をかけたのでした。

リビングのテーブルで向かい合って座り、話を始めました。

 

すると妻は、自分の手帳とペンを持ってきて、

妻 「はい、何?、話を聞くから、言いたいこと言って」

と言いました。

僕 「そんなさ、今まで人の話をまともに聞いたこともない人から、そんな風にいきなり言われて、
『はい、そうですか、では・・・』 みたいにベラベラ話せるわけないだろ?」

という感じの事を言った覚えがあります。

 

僕からは、「なんでメールが着信拒否されているの?」 と尋ねました。
すると、

妻 「出勤中の電車の中でメールを書いて送っているみたいだけど、子どもたちを送り出して、疲れているところに、あんな長くて重いメールを送られて来たら、気が滅入ってしまう。 だからだよ」
と言った内容の事を言われました。

まぁ、それはそれで、理解はしましたが、夫婦で着信拒否は無いんじゃないか?
と思いました。

そのあと、詳細は覚えていませんが、結局平行線だったと記憶しています。
そして、

「嗚呼、やっぱり、話がまとまる気がしないし、こんなんじゃまとまるわけがない」

と心底感じたのでした。。。

 

 

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ