独身生活(4)

2010年夏

恒例の、夏休み帰省です。
妻と子供は毎年、夏休み期間中、地元に帰省します。
この年は、8/2~8/29 で帰省していました。

僕はその期間は毎回独身貴族です。

妻が帰省すると、まずは冷蔵庫の片づけをします。
一人になって最初の日の朝、
僕は10日前に賞味期限が切れたパンを食していました。
もちろん、賞味期限切れのパンが好きなわけではありません。
勿体ないので仕方なく食しました。

勿論、他にもいろいろあります。
ジュースにしても食材にしてもなんにしても、
賞味期限期間内の物は殆ど見当たりません。
僕は毎回毎回、『どうなってるんだ、我が家は・・・』 と
思いながら冷蔵庫を眺め、
食材の消費計画を考えます。

そして、

妻たちが帰省した時に必ずすることは、
家の中のお掃除です。

妻は頻繁に掃除機はかけていました。
でも、拭き掃除は絶対にしませんでした。。。

僕は雑巾を持って、三階建の我が家の
フローリングや階段、そして階段の手すりなどを
半日かけて拭いて回ります。
この作業は、帰省後の最初の休日に必ず行っていました。

そして、キッチンも掃除をし、
出っ放しになっている物を所定の場所に戻し、
どこで貰ったか取ってきたか判らないソースやタレの
小さな袋はできるだけ捨てます。
箸入れやキッチン用の小物入れに積もったホコリ等も
きれいに洗います。

そんなこんなで、掃除で一日の大半が終わります。

スッキリした家の中で、独身生活を始めるのです。

日にちが経つにつれて、冷蔵庫の中身が減っていき、
自分で作る頻度が増えてきます。
炊飯器で炊いたご飯を一膳分ずつラップに包み、
冷凍保存したりします。

この期間中は、外食も増えます。
友達には予め、独身であることを言っているので、
誘ったり誘われたりして、晩御飯+飲みで
外食していました。

そんなこんなで、独身期間はあっという間に終わります。

 

ちなみに、この期間中の妻とのやり取りは、
電話が4回、メールが3通でした。
勿論、全て、業務連絡です。

 

まぁ別に、何一つ不自由ありませんから、構いませんが。。

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください