独身生活(3)

 

2009年8月中旬

妻からは相変わらず連絡もなく、僕からもしていませんでした。

毎日、朝食抜きで出社し、
会社ではカップめんとおにぎり一個程度で済ませ、
おやつの頃に、パンとコーヒーを摂取し、
外食して帰宅する毎日。

でも時々、まっすぐ帰宅した時は、
レンジで温めるだけのレトルトご飯などで済ませていました。

早く帰れたとき(ノー残業日などで)は、道場へ通いました。

その頃、冷蔵庫にはまだ妻が残していったもの(残ってしまっていたもの)で、
スペアリブが5個あったので、これを焼き、
出た油を少し拭き取って、
玉ねぎのスライスを炒めて食べました。

このころ、ようやく冷蔵庫の中のものが無くなってきており、
徐々にそうめんなどへ、食事内容が変わってきていました。

家の中の掃除もしていたし、
洗濯物もすでに自分のものだけになっていて、
完全に未婚の男子状態。

ただ、3階建ての戸建て住居は広かったです。

 

そんな頃、僕の母親からの仕送りなどが届くこともありました。
(僕の実家は、魚屋さんです)

妻と子供たちが帰ってくるまでの数日間、
妻がいなくて困ることは何一つありませんでした・・・

 

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA