自己嫌悪

 

2012年6月7日

この頃、妻との話し合いの場を持ちたいと考え、
チャンスが来るのを見計らっていました。

子供達が布団に向かい、リビングには僕と妻だけになるタイミングを。

でも妻は、普通に子供たちが寝ている1階の寝床へ向かって行き、
寝てしまうのでした・・・

 

もしかしたら、子どもが寝たことを確認し、
再び2階のリビングに上がってきてくれるのではないかと、
しばらくテレビを見て待ってみましたが、
やはりそのようなこともありませんでした。

 

僕が言えなかったことが悪いんでしょうけどね。
「ちょっと、話がしたいんだけど」
って。

 

でも、そんな簡単な言葉ですらかけれない感じになっていたのです。

 

 

 

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください