実家への帰省と貯金

 

2007年1月末頃

日曜日、妻と子供が妻の実家から帰ってきました。
この時はおよそ33日間の独身生活でした。

別に嫁さんがいない事によって困ることは特にないし、
一人で広い家にいることの不都合も別にありませんが。

とりあえず、空港まで迎えに行って、みんなで夕飯を食べて帰宅しました。

 

そして、1/31の夜
「明日の朝8:30に、JALのホームページを見たいんだけど」
と妻が言ってきました。
どうやら、次の帰省のための飛行機の予約をするとのこと。

 

そして、翌朝2/1
8:30前に二人でPCの前で構えていました。

 

そして、CMで見たことがある「早割」とやらを予約することになりました。
さすがにJAL側のサーバのレスポンスが悪く、
多くの人が一斉に予約しようとしているのだろうと思いました。

そんな中、妻はゴールデンウィークをガッツリ帰省するように予約しておりました。

 

よくご実家に帰られるのですね。。。

 

そして、数日後。
家族3人でお出かけのバスの中で、

妻 「友達とオーストラリアに行こうかと思っているんだ~」

 

・・・ はっ? ・・・

 

僕 「そのお金は、どこにあるの?」

妻 「独身時代に貯めたお金で行くから、家計には影響ないはずだよ」

 

うーん、なんか納得いかない・・・

何故なら、僕には隠せる財産や貯金は無いのに、
何故妻は自分のプライベートなお金をしっかりとキープしているんだ?

もし僕が結婚前に貯めたお金があったとしても、
絶対に全く残ってないと思うのに(結婚資金や、家を建てたときの頭金とかで・・・)、
何故妻は結婚前からの貯金をこれまでしっかりキープしてきているんだろう?
いまだにいくら持ってるのか教えてくれないし。
まぁ、聞いたってそれに頼る気はサラサラないけど。。

 

まぁ、別にいんですけどね。

 

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ