三者面談(2013/02/09)(30)- この話はどこに向かってる?

(つづき)

父 「かけた時間に対して、
どのくらい儲かったんですか
っていう話よ」

僕 「あのぉ、
普通のお仕事じゃないんで、
時給じゃないですから。
長く続ければ続けるほど、
っていう世界ですよ。
僕は、たった2年くらいしかしてませんけどね。

妻 「でもさ、それが原因で
こういう風になってるじゃない」

僕 「違います」

父 「じゃ、そこにかけた時間は、
逆に僕は、子どもたちに掛けた方が
よっぽど価値がある時間になるんじゃないかって」

僕 「目先はそうでしょうね」

と言っているところにまた遮って義父は
「だけん言ったやない、
あと、○○ちゃん(下の子)が、
小学校2、3年生になりゃ、
これ(妻)を働かせりゃいいやない、
給料足らん分は。
ねぇ、」

妻 「っうか、現にもう
やりようるしねぇ」

僕 「そのお金はどこに流れてるの?」

妻 「そのお金は、
アナタからもらっているお金で足りない分を
補ってるの、自分で」

僕 「あ、そう。
・・・、で、
この話、このお仕事の話はどこに向かってるんですか?」

=====================

三者面談の最初はこちらです。
音声再生リストはこちらです。

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください