三者面談(2013/02/09)(18)

(つづき)

父 「いやぁ、そりゃぁ、戦わなぁいかんめーもん」

僕 「折れない、曲げない、引かない 人ですよ!?
不可能ですから!」

父 「変えていかな」

僕 「変わるわけがないじゃないですか?!
ご自分が三十何年も見てきて、
変わりました??

父 「・・・、まぁ、そういう~」

何か言いかけた義父を無視し、

僕 「まぁ、大人になったっていう面はあるでしょうね。
基本的な性格は、まず変わらないと思いますよ。」

妻 「そりゃお互い様やない!、基本的な性格が変わらないって」

父 「そりゃ、お互い・・・」

僕は、少しムキになって
「だからこそ、だからこそ、お互いの基本的な性格が
全く交わらないんですよ!」

妻 「じゃなんで結婚したとよ」
父 「それは、他人同士が同じ屋根の下に、暮らすんだから、
それは折りあえないところは当然あるんですよ。
だけど、それで・・」

僕 「いや、僕、相当寛容でしたよ。」

父 「認めるところは、お互い認め合うところは認めて・・・」

義父がしゃべっているところに僕はかぶせるように
「ほぼほぼ認めてきましたよ」

父 「そこをね、お互いもっと、もっていかんと。
それはね、あの~、結婚なんてのは本当に成立しないよ」

僕 「お互い、泥船みたいに
このまま沈んでいくと思いますよ。」

 

=====================

三者面談の最初はこちらです。
音声再生リストはこちらです。

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください