布団にお化粧

 

2009年7月中旬

家族四人で回転寿司に行きました。
整理券を取って、小一時間待ち、みんなで食べてきました。

その後、僕と下の子は先に帰宅して入浴。
その間に妻と上の子は帰ってきました。

僕たち男同士は風呂から上がって、先に布団でゴロゴロ。
こういう時間って、スゴク良いですよね~

 

この頃の下の子は、1歳4ヶ月。
既に歩行は可能でありながらも、言葉が通じない頃です。

テーブルの上のものを引きずり落としたり、
引き出しを開けて中のものをぜーんぶ引っ張り出したり、
トイレットペーパーやティッシュを大量消費したり、
テレビを点けたり消したり
と、本当に余計な事しかしないころです。

 

この日、布団の横には妻の(使っていない、物置と化している)鏡台があり、
化粧品の試供品を大量に保管していたり、ポーチなどが置いてありました。

彼は、試供品で遊んでいましたが、まぁ大丈夫だろう、
と思いながらウトウトし始めていました。

 

 

が、しかし、

次に気が付いた時には、既に手遅れの状態だったのです・・・

 

彼の獲物は、化粧ポーチにまで達しており、
リキッドファンデーションのフタを空けていました。

もちろん、液状のファンデーションは布団と畳に・・・

 

布団に関しては、かなり広範囲に

 

おまけに、彼の顔やら手や足にも・・・orz

 

僕は、慌てて彼を抱えて洗面所へ行き、
洗い流そうとしましたが、なかなか落ちません・・・

そんな中、彼は洗面所のものにも手を伸ばしながら、若干喜んでいます。

僕は、タオルで少し乱暴に彼の顔などを拭き、
妻のところへ抱っこして連れて行くと、
もちろん妻は慌てて、布団の様子を見に行き、
そして、ムッとしてました・・・

 

もちろん、その横で彼は、可愛くニコニコしていました。

 

まぁ、色々ありますよね・・・

 

「ドンマイ、俺」
僕は自分にエールを送ったのでした。。。

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください