僕からのメール(2012/05/29)

 

昨夜話をしてて、やっぱり噛み合わないなぁ~、と思って、
どうにかならないかと考えてたんだけど、人の感性とか価値観とかの違いだからどうしよもないと思いました。
(良いとか悪いとかではなくて)

お互いの「引けない・譲れない」部分があるのは解ったんだけど、
でもそこが「お互いの共通認識であるべき」部分だと僕は思います。
ここが噛み合わないと、どうしようもないなぁって。

俺は君とのことを、俺なりに色んな人に相談はしていて、
「基本的な考え方や価値観が合ってないと、いずれ必ず夫婦としてうまくいかなくなるんじゃないか」
って言われました。

平たく考えて、今後のお互いの発展的な将来のために、離婚と言う選択肢も視野に入れて良いのではないかと思いました。

僕は今後も、君が許容できないことを取り入れようとすると思います。
僕はまずはそれを前向きに検討し話し合いたいし、とりあえず一緒に取り組んでほしいと考えるでしょう。
でもそのたびに、衝突してお互いにくたびれてしまうのは、お互いに不幸なのではないでしょうか…?

僕は、今まで何度も転職をしているように、変化を求める人です。
今までの転職は「必要に迫られて」と思ったからと言うのもありますが、実際には【転職しない】という選択肢もありました。
上京したときもそうだし、前回の転職もです。
僕がいた事業部は、○○○○○○○○と言う会社に売却されて今でも残っているし、そこで働き続けることもできたわけです。
でも僕は変化を求めました。
今後もそういうことはありえます。

今の家にしたって、一生住む気はないし、もっと良い家が欲しいと思ってます。
その為なら、今の家を所有し続けなくても良いし、この街じゃなくても良いと思っています。

僕は将来、脱サラして、バー経営とかに憧れています。
一生サラリーマンは嫌なんです。

僕だって子供たちが可愛いし、ちゃんとしてあげたいけど、夫婦間で噛み合わないほうが子供たちのためにならないんじゃないのかなぁと思います。

僕は子供も大事だけど、その前に夫婦間の相互理解と、将来に対する協業が必須だと思っています。
そういう親を見て、子供は育つと思うので。

とりあえず、僕がいま思っている事を書きました。
僕はそこまで考えています。

 

 

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA