人生でとても大事な事

 

2010年10月中旬

ある朝、わが娘はオネショをしてしまっていました。

普段は、オネショ対策として紙パンツを履いたり、
敷き布団とシーツの間に防水マットみたいなのを敷いたりしているのですが、
この日はそれらを全てを行っていませんでした。

そのため、妻は起きてすぐに、
多少の小言を言いながら、
シーツをはいで洗濯機にいれていました。

そして朝食時、
僕と娘は黙って、朝ご飯のみそ汁をすすっておりました。

僕 「このおみそ汁、どう? 美味しい?」

娘 「ウ~ン、普通。」

僕 「そんな言うなよ~、今朝のママは機嫌が悪いから、
今日みたいな日は『美味しいね』って言うんだよ」

娘 「どして?」

すると・・・

妻 「別に機嫌悪くないよ」

僕は、妻の言葉を聞き流し、

僕 「ママが作ったおみそ汁が美味しいって言ったら、
少しは嬉しいでしょ?
そしたら少しは機嫌が良くなるから。ね?
そういうのを『おせじ』って言うんだよ。」

娘 「ふーん」

僕 「いいかい、これは人生ですごく大事な事だから、よく覚えとくんだよ」

まだ小学二年生には難しいかな、
などと思いながら、の朝食でした。

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA