散髪

 

2009年6月下旬

この頃、下の男の子の髪の毛が長いなぁと感じていました。

妻にも、
「長くなってきたから切らなきゃね」
と言っていましたが、妻は否定的でした。

そんなある日、
僕は子どもたちと留守番をすることがありました。

そして、下の子と二人でいるとき、僕は無性に、

下の子の髪の毛を切りたくなったので、
横と後ろと前髪を少し切ってやりました。

 

するとその途中、上の子が入ってきて見つかってしまいました。

 

そのあと、上の子は素直に妻に報告したところ、
一瞬、激怒しましたが、

まぁ、男の子だから、いっか
という感じで、落ち着きを取り戻しました。

 

実はこの時、下の子は起きていてじっとできてなかったので、ちゃんと切ってあげれてなかったのです。

 

その日の夜。
僕は二人の子供を寝かしつけた後、
今度はクシとスキバサミを用意し、寝ている下の子の中途半端な髪の毛の形を整えてやることに成功しました。

我ながら、なかなかの出来でした。
そして満足のまま、就寝することができました。

 

 

翌朝

僕は普通に出勤していきましたが、そのあとに、
妻は、更に短くなっている下の子の髪型に気が付いたようです。

 

別件で電話がかかってきたときに
妻 「上の辺りも切ったやろ」

と言われました。

 

そりゃそうだよ。
だって、トサカみたいになってたんだから。
切らなきゃ変だもん。。

でも、帰宅するのがちょっと怖かったのを覚えています・・・

 

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA