散髪したら・・・

 

2010年5月下旬

この頃、下の子♂の髪の毛が長くなって
きていました。

そんなある日、下の子と留守番をしている時に、
下の子の髪を切ってやることにしました。

ハサミを持ってきて、彼の髪の毛を軽く切ってやりました。
彼もまんざらでもなく、喜んでいました。

 

すると・・・
妻が部屋の扉を開けて、
僕が下の子の髪の毛を切った後の様子を見た途端、
激怒。。。

そのあと、妻は一人で風呂入り、
夕飯も作らずに別部屋にこもってしまいました。

 

どうやら、上の女の子の時と同様に、
髪の毛で筆を作ってやっておきたかったのだそうです。

僕は、妻がそのように考えていたことを、
この時初めて知りました。

 

別の部屋から出てこない妻・・・
仕方がないので、僕が、
子どもたちに焼き飯作って、食べさせ、
寝かしつけました。

その時、妻は…寝てました…

 

《 知らなかったとはいえ、僕が百歩譲ったとしても、
この妻の態度というか、振る舞いはいかがなものかと思いますがね・・・ 》

 

翌朝
僕は、妻に「おはよう」
と声をかけましたが返事はありませんでした。

そして妻は、上の子を学校へ行かせると、
再び布団にこもってしまいました(´Д`)ハァ…

 

僕はこのときの朝、なんとなく、
こういう状態になるんだろうと予想はしていたので、
前日に作った焼き飯に火を通して食べ、出勤しました。

昼前
妻からメールが来ました。

「下の子の髪の毛を返せ返せ返せ返せ返せ…(繰り返し)」

《 オイオイ、この人、大丈夫か ヾ(゚Д゚ )ォィォィ》

一応、僕は、言い訳付きの謝罪メールを
返しましたが、返信はありませんでした・・・orz

 

この日の夜
前から予定されてた飲み会に行きました。
妻が怒っていたので、僕にとっても
早く家に帰りたくない気分だったので好都合でした。
楽しい時間はアッと言う間に過ぎ、
深夜1:30頃に解散し、家路につきました。

家に着き、玄関のカギを空けて扉を開こうとしましたが、
案の定チェーンロックがかかっていました。

僕は、《 開けてくれないだろうなぁ 》 と思いつつ、電話を鳴らしました。

相変わらず、すぐには電話に出ませんでした。
僕は仕方なく、酔い覚ましの意味も含めて、
近所を歩きながら、5分程粘って鳴らしてると、
ようやく妻が電話にでてくれました。

妻 「鍵開いてるよ」
の一言で、電話は切られました。

再び家の前に戻り、扉に手をかけました。
すると、まだチェーンがかかったままではありませんか。

でもその内側に、妻はいました。

そして、小声で、
妻 「よく反省してきて」

と言いました。

まるで100%僕が悪かったような言われ方・・・

僕は、ムカついたのでメールで反論しました。
すると、

妻 「5分以内に帰って来なければ知らないから」

とのメールが返ってきました。
イラッときた僕は、わざと
もう少し遅く帰ることにしました。

 

約30分後・・・

玄関のチェーンロックは外れてました。

僕は無事、家の中に辿り着くことができました。

 

更に、翌朝
出勤時に、僕のもう一度、ちゃんとした謝罪しました。

 

それにより、とりあえず仲直りしたらしいです( ´ー`)

 

しかし、ここで更に、イラつくコメントが・・・

妻 「髪切った後、
何で 下の子♂が可愛く見えなかったかが判った。
アナタに似てるからだ。

などとぬかしやがりました(-“-)
どこまでもムカつく奴です。。。

 

 

このころの夫婦関係はまだ破綻していませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA