冷戦終結、しかし・・・

 

2012/09/23 の夜

僕がお風呂に入ってる時に、上の子が来て、
ご飯食べてるのかどうかを聞きに来たので
「食べてないよ」
と答えました。

妻が上の子に、聞いてくるように頼んだのかなって思いました。

そのあと、僕は、風呂に入りました。

風呂から上がって、2階のリビングのみんながいる部屋に行き、
お茶碗にご飯をついで、
テーブル横の椅子に座ったら、
妻にお茶碗を取り上げられました。

妻 「マンション買わないって約束したのに、裏切って買った人に食べさせるものはない!」

とのこと。

相当イライラしていたのか、
麦茶が入ったポットを持ち、自分のコップに注いだかと思うと、
勢いよく、そのポットをテーブルに「ガンッ」と置くだけでなく、
なんども打ち下ろしました。

その時、ポットの中の麦茶は、
そのあたりに撒き散り、同時に僕の頭にもかなりの量の麦茶が
降ってきました。

テーブルを見ると、板が破れて一部凹み、穴が開いていました。

そのあと興奮気味に、色々言われましたが、会話にならず・・・

 

その中で、
10月に下の子の運動会があるけど、
僕の態度が良くならないなら来て欲しくない
と言われてしまいました。

僕は妻に、マンション購入を反対されましたが、
数少ないチャンスは逃したくなかった僕は、
妻が帰省中に購入したことを主に怒っていましたが、
僕としてもこんなにも「解りあえない」と確信してしまった人と
どうやったら以前のような接し方ができると言うのか?

妻に対して「完全に諦めの境地」 にいた僕は、
確かに態度はよそよそしかったし、
妻に対して理解し合おうというモチベーションは
もはや無くなっていましたから。

 

そして、この日の 「アンタに喰わせる飯は無い」 発言で
僕としても、
「この人のご飯を今後食べたくもない」
と強く思ったのでした・・・

 

 

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA