カウンセリングに行きました

 

2012/11/23

数日前から、この日を空けとくようにと
妻から言われていました。
カウンセリングに一緒に行ってほしいからとのこと。

あぁ、だから妻の両親が来ていたのか。。
カウンセリングに行っている間、子どもたちの面倒を見てもらうために。

朝からバタバタと準備をし、家族とご両親で家を出て、
都内の文京区の○○心理療法研究所とやらに向かいました。
途中で子どもたちをご両親に預け、妻と二人で向かいました。
でも、二人で並んで普通に歩くという感じではない。
気が乗らない僕は、妻の後ろを付いていく感じでした。
途中、道が判らなくなったのか、右往左往し、
結局僕が住所から道案内する形でたどり着きました。

到着し、玄関から入ると一人の中年男性がいました。

男性はカウンセリングを行う部屋へ僕と妻を案内しました。
部屋の中には椅子が三脚あり、一つはこの男性用だとすぐに分かりました。
残りの二脚は、近過ぎず遠すぎず、丁度良い間を空けられていました。

三人は椅子に座り、カウンセリングが始まりました。

約1時間30分のカウンセリングでした。

内容は細かく覚えていないが、この時の僕のメモによると、

「考え方の違いが明確になったような気がする」

というコメントが残っています。

こういった形で、妻と僕との間に人を入れて、
お互いの考え方や価値観、これまでの事などを話したのは
初めてだったし、この時間は僕にとってもすごく貴重で、
発見が多く、そして「考え方の違いが明確になった」ような気がしたのでした。

カウンセリングの中で、当然僕が関わったMLMの話が出てきて、
妻の主張と僕の主張も話した。
その時、男性が妻に
「商品くらい使ってみればいいのでは?」

と言っていたが、その時僕は、
「今の俺は使ってほしくないと思っているので、別にいいです」

と言ったことを覚えています。

カウンセリングが終わり、「次回どうしますか」 と聞かれましたが、
僕はこれ以上はどうでもよいと思っていました。
妻と男性の会話では、次回はスケジュール的に
12/30か31日しか開いていないということを言っていました。
妻が僕に、「なんか予定ある?、ないやろ?」と言い、
年の瀬に次回のカウンセリングの予定を入れていました。
部屋を出る前、妻から男性へお金を支払っていましたが、
いくら支払ったのかは判りませんでした。

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA