法テラスへ行く(2回目)

2013/03/01(金)

この日、民事法律扶助審査予約票で
法テラスで弁護士費用などの立替ができるか、
などの審査のため、
予約時刻の14:15に都内の法テラスへ行きました。

普通の出勤日でしたので、
会社での昼休みとして、行きました。
(この時の会社の昼休憩時間は明確に決まっているわけではなく、各自、
自分の判断で約一時間の昼休憩をとっていました)

この時の持ち物としては、
・戸籍謄本
・直近の源泉徴収票
となっていましたので、準備していきました。

しかし、僕のミスで、この日の審査は保留となってしまいました。

この日の決定書の特記事項には、以下のように記載されていました。
---
保留とする。
所有しているマンションの価値がわかる資料及びオーバーローンであることがわかる資料、住民票(本籍地入・世帯全体記載のもの)を一週間以内に追加でご提出いただく。
資力基準を満たしていることが確認できた場合、調停事件として146,000円(着手金126000円 実費2万円)をセンターで立替え、援助決定の2カ月後から5千円ずつ割賦償還いただく。
*訴訟へ移行する場合は別途審査とする。 *事件結果に応じて別途報酬が発生する。
---

その他、重要事項説明書に基づき、説明を受け、サインをしました。


僕は、近日中に足りなかった資料などを準備することになりました。

=====================
義父と妻との鼎談の最初はこちらです。
音声再生リストはこちらです。
本ブログの最初はこちら ブログランキング・にほんブログ村へ