三者面談(2013/02/09)(7)

 

(つづき)

僕はイラッと来て、

僕 「だからこの家も、今 一生懸命払って行ってるんじゃないですか。
生活を支えるために頑張ってるんじゃないですか。
自覚がないなら、僕はとっくにこの家をどうにかしてますし、
家にお金も入れられてないですよ。」

僕は言うかどうしようか悩んだけど、少し控えめな口調で、

僕 「責任が無いって言われることは、やってないと思います。」

僕が言い切る前に、義父は、

父 「じゃ、そしたらね、アナタがしなきゃいけないことは、自分を理解するように○○(妻)を変えていく。
それがアナタの責任よ。結婚した・・・」

僕は思わず、義父の言葉を遮り、

僕 「それはこの10年ずっとやってきたと思いますよ」

父 「そう、やり続けないかんと」

僕 「やり続けて、一生かかる、一生かけても無駄、って判ってたんで」

と、ここに妻が遮るように口を挟んできた。

妻 「一生かかるよぉ」

すると、義父は、

父 「そりゃそうかもわからん、そういう部分もある。」

僕 「いや、僕は、そのことで疲労困憊して生きていきたくないですよ。」

父 「疲労困憊する必要ないやろ」

僕 「いや、してますよ!、今この時点で。」

父 「なんで疲労困憊せないかんと?」

僕 「なんでこんな夫婦間で頑張って、コミュニケーションがうまく取れないのに、コミュニケーションをとるためだけに頑張るのかって、
もっと頑張るポイント違うっていうか、他にあるべきじゃないですか?
もっと、今後どうしていこうとか、将来どうしたい? とか」

父 「そりゃ大事な話よ、そういうのはね。今後、どうしていこうか、とかね。
でもじゃ、今後も大事だけど、今現在が一番大事やろ」

僕 「いや、今現在大事ですけど、今後大事ですよ」

父 「今現在の積み重ねが、今後につながっていくとよ。」

=====================

三者面談の時の再生リストはこちらです。

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ