東日本大震災の後

 

2011年3月

皆様ご存じの東日本大震災が、3/11にありました。

当日僕は、お客様先で勤務する日だったので、
お客様先の会社が入っているビルにいました。

地震後も、ビルは10分以上は揺れ続け、
その揺れに酔ってしまいそうな感じでした。
都内の交通機関はマヒし、JRも地下鉄も止まっており、
汐留辺りのビルの外は車が渋滞していました。
夜が更け、19時や20時を回ると、ビル内の人たちも
帰宅を諦め、近所のコンビニに買い出しに行っていました。

エレベーターも止まっていたので、高層ビルの高層階の人たちは
非常階段を使って下まで降り、外で出ていました。

僕は、twitter などの交通状況を眺めながら、
携帯電話のワンセグで情報を集めていました。

 

23時を過ぎたくらいから、
徐々に地下鉄が動き始めたことを確認したので、
僕は電車で、自宅へ帰宅することができました。

そして、21日
子供達と妻を九州に帰省させることにしました。

ちょうど春休みも近かったし、「関東から待避」 ということで、
小学校の終業式より前に帰省させました。

本当は、26日から帰省する予定でしたが、
小学校が25日の終業式以外、
登校しなくてもよくなったので、
終業式を休み、九州に待避させることにしました。

計画停電などもあり、不都合も多いし、
また地震があるかもしれないし、
その時のためにも関東から離れていてくれた方が安心だと思ったからです。

そして、また独身生活が始まったわけです。

 

このころはまだ、
離婚への具体的な行動は起こしていませんでしたが、
いずれはこちらのようになるのです・・・
=====================
本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA