息子の卒園式(2014/3/19)

2014年3月19日

下の子の卒園式でした。

2013年8月から別居し始めて、
12月末に一回目の面会交流で会い、
その次に会うことができたのがこの日でした。

この日の調整に関しても、なかなか調整できず、
3/12 に僕の弁護士さんから、
妻の弁護士さん経由で催促してもらっていたらしく、
それに対して、3/14に返信があったとのこと。

内容は、
婚姻費用の未払い分を払うことと、
卒園式当日はちゃんとした服装で来て、
9時前には受付を済ませ、座席を確保の上、
ビデオ撮影をしてほしいという内容でした。
更に、婚姻費用を支払わなければ、
来てほしくないとのこと。

毎回毎回、婚姻費用の請求は早いのに、
こちらからの面会交流の請求には遅いくせに・・・
と、思ってしまいます。



朝、約束通り9時前に幼稚園に入りました。
入り口のところで、園長先生が、僕が誰の保護者なのかを確認し、
「来てくれて良かったです」
とおっしゃいました。
恐らく、我が家の事をある程度知っているのだろう
と思いました。

すぐに受付を済ませ、ホールに行くと、
既に十数名の保護者の方々がいらっしゃっていました。

そして、妻もそこに既に来ていました。
僕はスリッパを渡され、カメラ撮影用のカメラを渡され、
後ろ側で撮影するようにと言われました。
この時の彼女の態度が普通で、
なんかイラッとしてしまいました。

10時まで、そのホールで待ち、
約一時間の卒園式を終えました。

そして、息子は少し泣いていました。
そのあと、教室に戻るのですが、
息子はなかなか教室に来ず、一番最後に入ってきました。
どうやら、トイレで泣いていたようです(^^)

息子は最初、
なかなか集団生活に馴染めなかったらしく、
大変だったようですが、
今日見る限りでは友達とも仲良く戯れていて安心しました。

そのあと、校庭に出て、
写真を撮ったり、先生たちと児童たちとのお花の授受、
そして、先生やみんなとの挨拶をしていました。

僕は、なんとなく居場所がない感じで
端っこでおとなしくしていましたが、
妻は何かの係りなのかわかりませんが、
先生や仲良しのご家族に小さなプレゼントを渡したり、
引っ越していくご家族へ何かをしたりしていました。

12時過ぎ、幼稚園をあとにし、近所の方々と途中まで一緒に帰りつつ、帰宅しました。

家の前で、
「ご飯、早くいこうよ」
と僕が言うと、妻は息子に
「どうする?、行きたい??」
と聞いていました。

 

前もってそういうことを伝えていた僕は内心、
”オイオイ、今確認してんの?!”
と思いましたが、口には出しませんでした。

結局、息子が回転ずしに行きたいというので、
そこに行くことになりました。

妻は息子を自転車に乗せて、先に行くということで、
行ってしまいました。

僕は内心、
”僕に息子を預けて、歩いて行かせるような気遣いはないのか?”

と思いましたが、言わなかった自分も悪いかなぁと思い、
後悔しながらも諦めました。

お寿司屋さんでは、整理番号を引いて、
順番が来るまで待つ仕組みなのですが、
およそ10分ほどで座れました。
こんなに早いのは初めてだったので、ホッとしました。

ボックス席で、息子は、
妻の横に並んで座り、その向かいに僕は一人で座りました。



この日は、息子の話を傾聴しようと思い、
行っていたのですが、この希望は叶ったと思います。

息子はこの後、小学校に入学するので、
「入学式はいつ?」と聞くと、
妻は覚えていなかったらしく、
今日は日程を確認できませんでした。

息子は、男同士だからか、
とても見ていて楽しし、
「一緒に何かをしたい」
という気持ちになってしまいます。

この次の面会交流がどうなるかわかりませんが、
次からは、妻抜きで子どもと会いたいということを、
改めて弁護士さんに、
この日の報告メールと同時にお願いをしました。

=====================

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ