三者面談を終えて

(つづき)

下の子 「ママァ、おなかすいた」

下の子の言葉と同時に、
3時間にも及んだ、この日の話し合いは、終わりをむかえました。

この3時間の間、下の子は話し合いの場に来て、
時々グズグズ言っていましたが、
上の子は、別の部屋でずっとおとなしくしていてくれていました。
恐らく、不安で嫌な思いをしていたのではないかと思います。
上の子は、僕と妻が口喧嘩や怒鳴り合いをしている場面を何度か見ていたし、
夫婦仲がかなり悪いことも理解していました。
小学4年生の終わりの頃ですので、敏感な頃でもあったと思います。

この日を振り返って思うことは、
やっぱり、妻とは基本的な考え方や、人生観が違うんだなぁと
改めて思ったことと、
義父とも噛み合わないということを、
身に染みて理解したことでした。

この日の夕食は恐らく、外食しに出かけようとして、
誘われましたが、僕は
「すいませんが、今日は勘弁してください」
と、お断りしたと記憶しています。

気分的に、彼らとこれ以上一緒にいたく無かったし、
精神的にかなり乱れていたためです。

子供達には本当に申し訳ないです。。。

=====================

三者面談の最初はこちらです。
音声再生リストはこちらです。

本ブログの最初はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ